席札おいり of 手書き文字(カリグラフィー・筆文字)専門店


和風ウェルカムボードほか手作り専門店

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



HOME > 席札 > 席札おいり

おいり付き和風席札

oiri_top.jpg

おすすめポイント

房と金銀箔で封をされた箱を開けると、思わず「わぁ かわいい!」。丸い七色のおいりが、愛らしくゲストの心を和ませます。 ふっと息をふきかけると、コロコロと転がりそうな程軽く、口に含むとふわっと溶けてほんのりと上品な甘みがします。 小さな四角いもち米の生地を真火で丁寧に炒ることによって、角がとれて丸くなるおいりは、柔らかな食感の、美しくておいしい米菓子です。 お嫁さんの心がいつまでも「丸く」との願いも込められているそう。その昔、人々に慕われた藩主の姫君がお輿入れの際に、 その領下の人がお祝いにと献上したのがはじまりだと言われています。

oiri_d01.jpg
始まりは天正十五年(1587年)頃のこと。讃岐国(さぬきのくに)領下の人々に親しまれていた親正公の姫君がお輿入れの際に、 その領下の農民がお祝いにと五色の餅花のあられを献上しました。 そのことを大変喜ばれたことから、それ以来、婚儀の折には、おめでたい「おいりもの」として一般に知れわたり、 お煎りもの=”おいり”として今も西讃岐地方に伝わっています。花嫁のお土産としてご近所へ配られたり、披露宴のお膳に添えられるおいりには、 ”家族の一員としてお嫁に入り”、”お嫁さんの心がいつまでも丸く、まめに”という意味も込められているそうです。 「お嫁入り」と「煎り」、「角がとれて」「心が丸く」こんなところに日本人の心が感じられます。 小さなまぁるいおいりに真心を込めて、幸せのおすそ分けとして配られています。

作るのに手間も時間もかかるというおいり。まずはもち米を一晩水に浸し、蒸籠(せいろ)で 蒸したものにお砂糖を加え、石臼に入れて杵で滑らかな絹状の餅になるまでつきます。 ついた餅を熱いうちに麺棒で手早く、平たく、押し延べて生地をつくります。 丁寧に伸ばした生地をすぐに網箱に広げて天日干しで乾燥させ、乾いたら5ミリくらいの采の目にし、再び天日干し、生地調整。 こうして手間をかけて出来た采の目状の餅を釜で炒ると、真珠のようにまぁるく大変身!
oiri_d02.jpg
これがおいりの原型です。仕上げに味付けと色づけを行います。色付けは、ハーブ等を使って7色の虹色にお化粧を施します。 この際にも、丸くなった「おいり」を壊さないように優しく丁寧に行います。最後にもう一度乾燥させて完成です。 こうして熟練の技を要するたくさんの工程を経て、約一週間かけて「おいり」は出来上がります。
柔らかな食感の美しくておいしいお菓子「おいり」は讃岐の地に受け継がれてきた幸せのお菓子です。 嫁ぐ日の繊細な花嫁の心と、喜びに満ちた親心、職人の真心が込められています。 披露宴ご出席のみなさまには、ぜひその「いわれ」もご紹介ください。大切な人に幸せのおすそ分けはいかがですか

三色アソートでお送りします。

oiri_asort.png

席札としてカードが付いています。

フサの下にそっとはさんでお使いください。手前に立てかけて使うこともできます。

おいり付き和風席札

oiri01.jpg

商品名 おいり付き席札
(ブライダル用大量注文は完売しました)
ご家庭用のみ限定数で承ります 
書体

漢字

サイズ

縦11.4×横11.8×高さ6.1(房を含む)


価格

\600(税込)

オーダーフォーム表示

現在、お一人様2つまで(残り僅か)
ご家庭用は席札がつきません