こだわり(1) of 手書き文字(カリグラフィー・筆文字)専門店


和風ウェルカムボードほか手作り専門店

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



HOME > こだわり > こだわり(1)

ミリーズボードのこだわり(1)

初めに

このたびは、弊社サイトをご訪問いただき、また、「ミリーズボードのこだわり」ページをチェックしていただきどうもありがとうございます。ここでは実際のエピソードをふまえ、こだわっていることをお伝えしたいと思います。

このページの目的

相手の顔を見ることの出来ない通販は、有名な大手さんの場合は別として、一般的に少し不安になりがち・・。それが、初めて買うお店、特に実店舗を持たない場合のあるネットショップではなおさらだと思います。

私だったら注文する前にふと考えます。
「どんなお店なのかな~。」
「どういう店長さんががどういう気持ちで販売しているのかな~。」
ミリーズボードは実店舗を持ちませんが、日々きちんとした販売を行っています。
そんなミリーズボードとの距離を少しでも縮めていただくために、私たちのメッセージを伝えたいと思って製作しました。

これによりミリーズボードが日頃どのように手書き文字を位置づけ、商品を製作し、販売しているのか、など、弊社のスタンスやスタッフの心意気が少しでも伝わればと願って綴ったものです。
ぜひ、どうぞお付き合いくださいませ。


オーダーメイド品の価値って?

さて、お客様は一般的なオーダーメイド商品を注文するとき、何に重点を置いて探されるのでしょうか。
まずは、きっと

自分の好み・感性と合うかどうか
でしょう。

そして次に

価格
デザイン
素材の品質
使いやすく工夫されているなど機能面の充実。
他の商品にはない特長
などがあげられるでしょう。

では、さらに、文字の手書き商品をお求めになるときはどうでしょう。
先ほどの項目に加えてさらに「文字の品質」=技術力があげられます。
つまり・・購入するからには“文字が上手であるかどうか”、これが非常に重要なポイントとなってきます。

私たちの思いを伝えたいと思ったきっかけ・・それは何年か前の次のような出来事です。


エピソード

(♪電話)ぷるるるる~っ。
(ミリーズボード)「はい。ミリーズボードです!」
(お客様)あのぅ…(詳細説明かくかくしかじか)…そういうオーダーメイドって出来ますか?結構急いでいるんですが・・。
(ミ)はい☆ウェディング以外のオリジナル製作もしていますよ☆

その後、色々とお話を伺うと、
“カリグラフィーができるという知り合いに頼んだけれども、途中経過を見てなんかしっくりこなかったので、やっはりプロの人に頼みたいと思って断った。
”“長く使うのでお金がかかってもいいからやっぱりいいものにしたい。”

そんなお話でした。

そこでふと考えました。
その「しっくりこなかった」ってどういうことなんでしょうか?
それはきっと「上手ではなかった」ってことですよね。

「書」も「カリグラフィー」も技術が大前提。その上で、それぞれの書き手の持ち味が生かされているかどうか、です。これらが両立していることが「商品のよさ」につながるとミリーズボードは確信しています。

このときのお客様、商品が完成して納品したとき、「やっぱりプロは違いますね。初めから頼めばよかったです。」「値段には理由があるのですね。」とわざわざお電話を頂きました。

スタッフ一同、お役に立てたことがとても嬉しく、ほっと胸をなでおろしました。
しかし・・、それまでのいきさつからずいぶんと苦労された様子が感じられ、その後もなんとなく心に引っかかるものがありました。

素人さんのお知り合いに頼まれた場合にも、それ相応のお礼もされているでしょう。また、頼んで書いてもらったのに実際に使わないとなると気兼ねも残ります。

その後も、このようなご依頼は後を絶ちません。だって上手な字のほうがいいに決まっていますものね。でも、この例はまだ良いほう。過去には「お知り合い」ではなく「お店」で買ったけれども納得が行かなかった、と言うメッセージとともにご注文メールを頂いたこともありました。

これには驚きを隠せませんでした。本当ににそんなお店が(あるの)?!
そんな時、ミリーズボードを選んでいただけて嬉しい気持ちと、悲しい気持ちが入り混じるのです。

もし未熟な技術でお客様の大切な記念品を受けてしまうお店が本当にあるのだとしたら・・。いえ、そんなことは無いと信じたいです。
このようなことが起こるのは一体どうしてなんでしょうか。
LinkIcon次へ