カリグラフィーインテリア of 手書き文字(カリグラフィー・筆文字)専門店


和風ウェルカムボードほか手作り専門店

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



HOME > インテリア > カリグラフィーインテリア

カリグラフィーインテリア

このページでご紹介するのは、「芸術としてのカリグラフィー作品」です。世界にた だひとつの限定品、あるいは数点のみの小部数限定品となっており、他ではなかなか手に入れることの出来ない、価値ある商品となっております。ご自宅のイン テリアや贈り物として、最高の技術と心のこもった作品はいかがですか?
それでは、ミリーズボードの一流カリグラファーの技術をご堪能ください…。

商品番号 1
forspecial01_all.jpg
”The future is made of the same stuff as the present.”
(訳):「未来は今に作られる。」

素敵な未来や輝かしい将来なんていうものは、その「未来」になって突然に手に入れられるものではないのですね。「未来」というものは、まさに「今」作られているのです…。

書体:フレンチ・ゴシック・バスタルダ体
使用材料:ガッシュ・羽根ペン・金粉・ファブリアーノ(中性紙)他
サイズ:23.0cm×27.7cm


作品の解説

15世紀の能書家と謳われた2人の女性書家が残した書物に基づく、フレンチ・ゴシック・バスタルダ書体。 ペンには 鳥の羽根をカットして作る、中世の手法そのままの羽根ペンを使用しています。羽根ペンを使用する事により、文字に伸びやかさが出て、細い線もエ レガントに表現する事が出来ます。 文字部分には当時使われていた、貝からとる赤、土の成分で出来た茶を再現しています。金粉をふんだんに使用し、細かい植物模様を描いた、豪華な飾り文字を あわせました。「T」の飾り文字の本体に巻きついた植物やリボンのような、白のハイライトが特徴的です。

使用材料

ガッシュ・羽ペン・金粉・ファブリアーノ(中性紙)・他

ご購入と納期について

SOLD OUT!

forspecial01_1.jpg

エレガントで豪華な飾り文字の一部。本来、飾り文字には着色方法のほか、ハイライトの入れ方、熟した果実の色の作り方、若い果実の表現方法、縁取りの方法 などガッシュの扱いに伝統的手法が存在します。文字本体の中の白い細密模様や文字全体を囲む四角い枠にも、決まった装飾技法があり、枠のかどの部分がへこ んでいることにも全ては理由があります。技術だけではなく、先人の美的意識をも継承した飾り文字です。

forspecial01_2.jpg

文字のアップ。表現された伸びやかさは羽根ペンを思い通りに扱える技術があればこそ。羽根ペンはカリグラファーが自ら鳥の羽をカットして製作します。カリ グラファーには文字のクウォリティーはもちろんのこと、その他、カリグラフィーに関する知識や道具の扱い、さらには「道具を作る」という技術も求められる のです。

forspecial01_3.jpg

作品の裏側には、ラテン語で作者のサイン。一流であることのあかしと言えるでしょう。また、はっきりとした黒ではなく、うっすらと入って「通」な印象。さ りげなく作者の個性が出ています。ご購入者に内容をお知らせする小さなリーフレットがついています。サインの全景はご購入者だけのおたのしみ。

forspecial01_4.jpg

額縁は上品な細身の金彩。クラシック加工されており、しっとりとした光沢。お花の浮彫りが可憐です。